アルミニウムの表面を、
酸化アルミニウムにする技術の事を言います。

アルミニウムは、酸素と結びつきやすく空気に触れる事により表面に薄い酸化皮膜をつくります。この皮膜はアルミニウムの表面を保護し、腐食を防ぐ事ができます。しかし、鉄と比べても腐食には強いのですが、とても薄い皮膜なので、傷つきやすく環境によっては腐食してしまいます。それを防ぐために、人工的に皮膜(陽極酸化皮膜)をつくります。この皮膜の目的は、アルミニウムの表面を保護しアルミニウムの耐食性や耐摩耗性を向上させる事であり、また、着色して装飾することや、その他の機能を付加する事です。この表面処理が”アルマイト(アルミニウムの陽極酸化)”です。また、その処理工程、作業の事を陽極酸化処理、アルマイト処理と呼びます。
アルマイトを利用した家庭製品には、お弁当箱ややかん、鍋などがあります。その他、アルミニウム製の建材、電車や航空機の内装品、各種のネームプレートや化粧板などに幅広く用いられています。
flag

アルマイトとメッキは、まったく違います。

金属の表面加工ということで、混同されている場合がありますが、アルマイトとメッキは全く違うものです。アルマイトは、アルミニウムの表面から上下に皮膜が生成されます。アルミニウムの内部にも皮膜が生成されるので、密着性があり、剥がれにくくなります。一方、メッキは被メッキ上に重なるように他の金属等を乗せていくという工程ですので、その分厚みが出ます。この様な点を考えると、アルマイトとメッキは全く別の表面処理方法だということがわかります。
flag

弊社独自の塗料浸透方法で、お好みの色に着色できます。

BLACK ALUMITE

アルマイトをした後に、染料を浸透させて着色します。その他の色調に関しましては、その都度お打ち合わせが必要となります。
photo
flag

弊社のGHAアルマイト(多機能アルマイト)とは、
「銀」を用いた弊社独自のアルマイト加工技術です。

GHAアルマイトは様々な皮膜処理方法のうちアルマイトに類別され、銀を用いた弊社独自の技術です。アルミニウム又はアルミニウム合金を銀及び銅のいずれか1つ、又は両方を添加した電解液中で1回の処理により硬質アルマイトを作り出します。素材によっては鮮やかな黄金色になります。また、樹脂皮膜を施したアルミニウムにも銀又は銅を析出させる事が可能な技術です。GHAアルマイト技術の機能性として、”抗菌性””放熱性・熱伝導性””静電気拡散性・帯電防止””高硬度””耐摩耗性””耐熱性・耐火性””耐食性””防カビ性”といった多くの機能を発揮します。上記の機能を提供する多機能性アルマイト『GHA』と呼んでいます。特許取得技術。
処理可能詳細
アルミ合金A1000番台、A2000番台、A3000番台、A4000番台、A5000番台、A6000番台、A7000番台
鋳物合 要相談
5μm〜100μm
450〜550HV
※材質、皮膜の厚さ、皮膜特性により、処理後の発色が異なる場合があります。
※寸法については要相談。
flag

なぜ、「銀」なのか。
弊社は銀の優れた抗菌効果に注目しました。
以下、承認されている菌の種類や特徴をまとめました。

  • 大腸菌
    大腸菌は人や動物の腸管内に存在し、通常は病原性はありません。しかしいくつかの大腸菌は人に対して病原性があり、これらを総称して病原性大腸菌(又は下痢原性大腸菌)と呼びます。
    有名な菌、「O-157」も大腸菌のひとつです。
  • 黄色ブドウ球菌
    顕微鏡で見ると、ブドウの房のように集まっていることから、この名前が付けられました。この細菌は、食中毒の原因となるだけでなく、オデキ・ニキビや水虫等に存在する化膿性疾患の代表的起因菌です。一般的には、健康な人でも20%〜30%が鼻前庭、咽頭、皮膚、腸管内等に本菌を保菌しており、食品取扱者自身が本食中毒の主な汚染源になっているものと推察されています。本食中毒は、黄色ブドウ球菌が食品中で増殖する際に産生する菌体外毒素(エンテロトキシン)が原因となって引き起こされています。
  • サルモネラ
    サルモネラは、鶏、豚、牛などの動物の腸管や河川、下水道の自然界に広く分布しており、2500種類以上もの血清型が知られています。発症には大量の菌が必要と言われていますが、最近では少量の菌で感染することが分かってきました。汚染を受けた食品の摂取により起こり、高熱を発するのが特徴です。特に幼児や高齢者の方は、サルモネラに対する感受性が高いことが認められているので、十分な注意が必要です。
  • 腸炎ビブリオ
    腸炎ビブリオは好塩菌の一種で、沿岸海水中や海泥中に常在し、一日の最低気温が15度以上、20度以上になると、海水中で大量に増殖します。このため、夏季に獲れた魚介類には腸炎ビブリオが高率に付着しており、流通過程、調理中等の不適切な取り扱いにより増殖し、食中毒の原因となります。本菌は10度以下では増殖しませんが、冷凍保存では長期間生存することが知られています。このため、解凍方法や解凍する際の二次汚染及び、解凍後の増殖防止に注意する必要があります。
  • レジオネラ菌
    基本的には自然環境中の土壌・水系に生息しています。また、人間生活環境の中にもこの菌は存在しており、水冷クーラーの冷却塔や噴水、池、加湿器、温泉などからも検出されています。これらの水系を感染源とするレジオネラ菌を直接引用しても発症することは少なく、菌を含むミストが肺に吸引された場合に、レジオネラ肺炎を引き起こしやすくなります。人から人へは感染せず、60度以上の熱で死ぬとされています。
  • 枯草菌
    土壌中や空気中に飛散している常在細菌(空中雑菌)の一つで、枯れた草の表面等からも分離されることが多いために、その名が付けられました。芽房を作ることによって熱や消毒薬等に対する耐久性を示すため、培地や食品の汚染の原因になることがありますが、人に対する病原性を持たないため、医学上問題視されることは少ないです。
  • ミュータンス菌
    虫歯は主にミュータンスレンサ球菌(以下ミュータンス菌)という最近による感染症であることが判ってきています。ミュータンス菌が、ショ糖などの甘いものをエネルギーとして作り出すグルカンによって、歯の表面にフィルム状の最近の被膜、デンタルプラークが作られます。その結果、プラーク中の細菌が作り出す酸によって歯の表面のpHが下がり、歯のエナメル質が溶かされ、虫歯になってしまいます。ミュータンス菌は子供の歯が生え始めた頃(1〜2歳前後)に、母から子へ感染すると考えられています。
  • 白癬菌
    白癬菌(はくせんきん)は人間や動物の皮膚の角質層を住処とする真菌(カビ)・皮膚糸状菌の一種で、確執の成分であるケラチンというタンパク質を栄養源にし、人間のアカが落ちるほとんどの場所に生息しています。水虫の原因菌である為、”水虫菌”とも呼ばれています。感染力はそれほど強くなく、空気感染はしないと言われていますが、”湿度70%以上・温度15度以上”になると活発に増殖します。
flag

どんなに抗菌性に優れていても、
人体や環境に悪影響であるならば意味を成しません。

■抗菌性
GHAは様々な微生物に対する抗菌効果が証明されております。主に食中毒の原因菌などで知られている、サルモネラ菌・黄色ブドウ球菌・大腸菌・枯草菌・ビブリオ菌・カンジダ菌・レジオネラ菌に対し抗菌性があるのか公的試験機関にてGHAと一般アルマイトとの比較試験を行いました。一般アルマイトに効果が見られないのに比べいずれにおいても時間経過すると微生物は「検出されず」との結果でした。GHA技術は銀を電気的にイオン化しアルマイト皮膜(陽極酸化皮膜)中に析出させることにより、銀イオンを溶出させ、微生物の細胞活動を阻害し発生を抑制させるのです。
■安全性
無機系抗菌剤の中でも「銀」は非常に強い抗菌効果を持ち、古来より食器等に使用されている通り、安全で比較的人体に害の少ない金属なのです。重金属溶出試験では、過去に重大な問題を引き起こした重金属類のカドミウム、六価クロム、シアン総水銀、ヒ素のいずれもが「検出されず」という結果です。又、皮膚一時刺激性試験では、動物を用いた試験でGHAは「無刺激性」との評価です。GHAは大変抗菌性が優れており、安全性も十分認められていることがわかります。
■放熱性
GHAと一般アルマイトの自社試験を行いました。その結果一般アルマイトに比べて放熱効果がある事が分かりました。又、ステンレス、銅との比較でも放熱効果があります。
■熱伝導性
実績結果より、アルミ生地との比較では同等もしくは上回っており、一般アルマイトとの比較に関しても熱伝導を発揮します。又、自社試験におきましても、GHAが一般アルマイトを上回るという結果であり、GHAの熱伝導性の高さを示しています。
■静電気拡散帯電防止
自社試験にて、表面抵抗計を用いてGHAの皮膜表面抵抗測定試験を行った。皮膜10μm・15μm・30μmをそれぞれ測定した結果、平均数値:約10^6〜10^9(Ω/□)の数値を出すことが可能です。表面研磨後の測定数値も同様。その他、要望特性により若干の数値の誤差が生じますので、その都度、打ち合わせが必要となります。
■硬度性
350HVを超えるアルマイトを硬質アルマイトと呼びますがGHA加工では軟質~硬質までを自由にコントロールでき、450〜550HV硬度を出すことが出来ます。(JIS規格、MIL規格に準拠した処理方法を行っています)又、GHAの表面硬度(皮膜硬度)はステンレスの約2倍の硬度を持ちます。
■耐摩耗性
GHA、無電解ニッケル、無電解ニッケル+テフロンの3種類のトライボロジー試験を行った。結果、GHA処理を行った試験片が最も摩耗量が少ないことが検証された。耐摩耗性は素材の硬度だけではなく、表面の潤滑性に大きく依存する。この点で銀を用いたGHAの優位性が明らかになった。
■耐熱性
一般アルマイト、GHA(通常処理)、GHAブラックの3種を自社にて比較試験を行いました。一定距離(約5cm)からガスバーナー(熱源温度1000℃以上)で1分間加熱した後の形状の変化等の観察を行った結果、一般アルマイトはアルミが溶解し穴が開いてしまったが、GHA(通常処理)、GHAブラックは形状維持が可能です。
■紫外線反射
紫外線反射率を測定。従来製品が7〜8%に比べ、GHAは0.2〜1.5%と格段に反射率が低くなる。全産業分野で使用されている材料で、光の反射を抑える必要のある分野について適用可能。
■耐食性
公的試験機関にて、ISO9227に準拠した塩水噴霧試験を行った。結果、GHA(15〜20μm)は500時間は問題なく、1000時間に対しても若干の白点はあったが耐食性があるとみられた。